文字サイズ
  • 標準
  • 拡大
背景色
音声読み上げについて

就職・資格

JOB&QUALIFICATION

就職支援について

就職サポート6つのポイント

専門学校として最も大切な社会的役割は、入学者全員の「就職」であると考えます。そのため、本校は開校以来、独自の就職指導カリキュラムを策定してきました。入学直後から就職指導カリキュラムがスタートし、デザインの学校ならではの特徴を生かして、万全の支援体制で学生たちの就職活動をバックアップします。

ポイント1自立型人間育成プログラム

生涯に渡って企業人として成功するための秘訣を学びます。

ポイント2企業人セミナーとデザイナーズセミナー

業界で活躍する企業人やデザイナー・クリエイターの方をお招きし、自分が目指す将来の夢を実現するためのHowTo指導を受けます。

ポイント3コミュニケーション技法とプレゼンテーション技法

課題制作や授業での活動を通して、企業で必要不可欠とされているコミュニケーション能力、プレゼンテーション能力を育成します。

ポイント4河原学園主催 就職セミナー

河原学園の学生のみが参加できる就職セミナーで、様々な企業の方から、直接説明を受けることが出来ます。また、中にはその場で内々定をいただくこともあります。

ポイント5学生個々の適性や能力を見据えた企業とのマッチング

個別面談や就職三者面談などで入学時から目指す企業を明確に絞って行きます。

ポイント6学園専属の就職スタッフが学生をサポート

県内外の企業開拓を主業務とし、企業説明会のセッティングや個別の就職相談も行うなど学生の就職活動をサポートします。


就職活動体験記~グラフィックデザイン科の場合~

希望の内定を勝ち取った先輩の授業開始から試験までの「就職活動体験記」。
グラフィックデザイン科に在校していた方に就職活動から実際のお仕事のやりがいまで語って頂きました!
ポートフォリオの作成など、デザイン学校ならではの就職活動の様子をご紹介します。

授業開始

現場で必須となる専門用語や道具・ソフトの説明など、 全てが新鮮で気持ちも引き締まりました。 現場を経験されている先生方のリアルな体験談は、 他では聞けないような貴重なもので、分からないことや疑問を 気軽に質問できる環境や距離感も感じました。

メディア企画・立案(授業)

授業課題である絵本のフリーペーパー「ましまろ」では営業、編集、制作とマルチに体験し、 各々に重要とされる能力や必要な知識を実感しました。 また、ゼロから作り上げる苦労と達成感、 多人数で1つのものを作り上げるためには団結力やコミュニケーションが大切だと言うことも身をもって学ぶことができました。

ポートフォリオの作成

就職活動で必要なポートフォリオ(※在学中に制作した作品をまとめたファイル)は自分の力がしっかりと出し切れるよう、 先生だけでなく卒業生の先輩にもアドバイスをしていただきました。 プロの現場で働いている先輩方の指摘は厳しくも的確で、 とても心強いものでした。

意思決定

「自ら企画し制作もしたい」という希望がありましたが該当する会社がなかなか見つからず、 一般の企業も平行して受験していました。 一般企業で内定をいただいてからも活動を続け、 希望に沿う会社と巡り合いすぐに連絡をしました。

面接試験

社長と男性社員の2名で形式は個人面接。 主に男性社員が質問をし、社長が回答に対して質問を重ねてくる感じでした。 内容はバイト経験や学校で学んだこと、自分の長所と短所、 結婚をしても働きたいかなど一般的なものが多かったです。 面接は得意だったので、緊張や言葉に詰まることはありませんでしたが、 この会社がどのような人材を望んでいるか質問の意図を考えながら、 回答することが出来たと思います。

お仕事のやりがい

書店やコンビニなどで自分の携わったものが並んでいるのを目にしたとき、 お客様に前回の広告の効果を満足していただけて、指名で次回の依頼に繋がったときは、嬉しさと意欲が湧き上がります。 実績を重ねるたび、自分にとってもお客様にとっても、 より良いものへと成長できるような作品を制作していきたいです。